IPA 2022年版 10大脅威で検索【4位】 テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃

IPA 2022年版 10大脅威で検索
【4位】 テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃

新型コロナウイルス感染症対策の一環として、多くの組織でICT(情報通信技術)を利用した、時間や場所にとらわれない働き方であるテレワークへの移行が進みました。
また、テレワーク環境への対応のため、リモートVPNやWeb会議サービス等の本格的な活用が始まった中、それらを狙った攻撃が行われています。 このような業務環境の急激な変化に伴い、組織は、テレワーク環境を意識したセキュリティ対策を実施していくことがとても重要です。テレワーク環境のセキュリティ対策としては、総務省から以下のガイドラインが公開されており、ガイドラインでは、有効なセキュリティ対策が紹介されています。本ガイドラインを参考に自組織のセキュリティ対策の再点検・見直し・強化を行うことをお勧めします。
<テレワークセキュリティガイドライン>
https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/cybersecurity/telework/

【法人向け製品】

【法人向けサービス】

5位を見る>>


10大脅威出典:IPA 「情報セキュリティ10大脅威 2022」