IPA 2022年版 10大脅威で検索【5位】 内部不正による情報漏えい

IPA 2022年版 10大脅威で検索
【5位】 内部不正による情報漏えい

組織内部の人間により行われる不正は、従前から顧客情報などの重要機密情報を外部に持ち出し不正な利益を得る「犯行」が主でした。これに加え、昨今は、個人または組織ぐるみで保有する個人情報を集めた目的と違う目的で利用し、組織の存続をも揺るがす「不祥事」となる事案も起こっています。また、テレワーク等の広がりによる、組織外での秘密情報の取扱増加に伴うリスクや雇用の流動化による退職者増加がもたらすリスクを低減する対策を行う必要があります。
ログ(操作記録)による監視、アクセス権限の設定、持ち出し制御・暗号化などを基本に、こちらに紹介する対策を実施し、情報管理規定を定め・運用することが求められています。

【法人向け製品】

【法人向けサービス】

6位を見る>>


10大脅威出典:IPA 「情報セキュリティ10大脅威 2022」