IPA 2022年版 10大脅威で検索【6位】 脆弱性対策情報の公開に伴う悪用増加

IPA 2022年版 10大脅威で検索
【6位】脆弱性対策情報の公開に伴う悪用増加

製品ベンダーからの脆弱性情報の公開に伴い、その脆弱性を悪用した攻撃を行う手口が益々横行しています。こまめに最新のパッチを適用することや最新のソフトウェアに更新することが必要です。また、使用しているソフトウェアなどを把握・管理しておく必要があります。
ソフトウェア更新やパッチ適用がすぐに出来ない場合には、その間の攻撃をIPSやWAF等を利用して、リスクを軽減することが可能です。

【法人向け製品】

【法人向けサービス】

7位を見る>>


10大脅威出典:IPA 「情報セキュリティ10大脅威 2022」